【にっぽん津々浦々】いいものたくさん、集めました。選りすぐりの逸品をお届けします。

にっぽん津々浦々
HOME ご利用ガイド 商品一覧 お支払・送料 会社概要 会社概要
 

トップ > 調味料 > ジュゼッペ・ジュスティ アチェート バルサミコ 10年熟成(茶) 250ml
調味料 > お酢 > ジュゼッペ・ジュスティ アチェート バルサミコ 10年熟成(茶) 250ml

ジュゼッペ・ジュスティ アチェート バルサミコ 10年熟成(茶) 250ml

商品コード : inagaki-brown10-250
価格 : 4,860円(税込)
数量
 

イタリア

5,000円以上お買い上げで配送料全国無料!

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

本商品は定期的にパッケージのリニューアルがございます。そのため、商品画像と実際にお届けする商品のパッケージが異なる場合がございます。 内容・品質に関しては変わりありませんので、安心してお召し上がりくださいませ。



中世の都市モデナに古くから伝わる芳醇なる黄金の酢。
ジュセッペ・ジュスティ "アチェート・バルサミコ"

 
北イタリアのエミリア・ロマーニャ州の中世の都市モデナからレッジョ・エミリアにかけて、古くから伝わる伝統的な酢。 あえて訳せば「芳香酢」となりますが、酢というよりはむしろ調味料の一種とした方が適当でしょう。

「公爵の酢」「黄金の液体」「調味料のキャビア」 などと世界で最も高価で気品のある酢と言われるアチェート・バルサミコは、この様にさまざまに呼ばれてきました。 その艶やかな暗褐色、とろりとしたシロップ状の濃度、かぐわし花の香りとまろやかな甘味。同じぶどうを原料としながらも、いわゆるアチェート・ディ・ヴィーノ(ワインヴィネガー)とは、全くその質を異にします。

 
その起源は古く中世までさかのぼり、アチェート・バルサミコという名が記録として初めて記されたのは1747年のモデナ公国の公文書ですが、さらに700年前にさかのぼります。この一帯を支配していたエステ家の年代記に、1046年ローマ法王クレメンテ2世の戴冠式の模様が記されアチェート・プレスティージョなる高価な酢が登場します。 その時代にはこの特殊な酢が作られエステ家によって管理され、パリやモスクワを初めとする他の公国の国王や公爵らに贈物として贈られたほか、モデナを中心とする上流階級の専有物として伝えられてきました。 この特殊な酢が脚光を浴びるようになったのはごく最近のことです。 それもほんの一部の限られた範囲で、イタリアでさえこのアチェート・バルサミコを知る人は少なく、またイタリアの料理書にも見出すことはほとんどありません。

原料はトレッビアーノ種というこの地方特産の白ぶどうで、甘味が強いのが特徴です。 これを潰し種子や皮も付けたまま樽に静置し、麻袋に入れて自然に濾しぶどう液を取出します。直ちに銅鍋に移し細心の注意を払って半分にまで煮詰めます。そして静置して冷まし、滓を除き樽に移し熟成に入ります。 この熟成工程が最もアチェート・バルサミコの特徴的なものなのですが、トラヴァーゾと呼ばれる樽の移しかえで、毎年材質の違う樽(樫 桑 栗 桜 ネズ等)に移しかえられます。

この一年ごとの樽の移しかえの度に樽に吸収されたり蒸発したりして、何割かが減量し、少しづつ小さな樽に移しかえられ、10年から15年長いものでは100年と熟成されます。

“ジュセッペ・ジュスティ” は1605年に創業し、今では最古の伝統的なメーカーとなりました。



ジュセッペ・ジュスティ "アチェート・バルサミコ" 10年もの
本品は熟成期間が10年のためトラディツィオナーレではありませんが、原材料はぶどう(トレッビアーノ種)のみ、製法もトラディツィオナーレと一緒です。10年熟成させた重厚な風味と豊かな味わいのバルサミコ。肉料理・魚料理の仕上げに、オリーブオイルと共にサラダの仕上げにもどうぞ。


 
 ■名称  ぶどう酢 (醸造酢)
 ■原材料名  ぶどう
 ■内容量  250ml
 ■酸度  6.1%
 ■原産国  イタリア (モデナ)
 ■輸入者  稲垣商店

 


 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ